【シリーズ・心霊スポット】明野劇場

【シリーズ・心霊スポット】明野劇場

  • 茨城県
  • 施設

正式名称は明野第一劇場。かつてはストリップ劇場として昭和を彩ったが、平成6年(1994年)に閉鎖。その後火災より全焼した廃墟である。人間の欲望が渦巻くその世界に足を踏み入れた時、あなたは何かを発見する…。

知名度C
恐怖度A
ゾゾゾポイント3.5

<認知度の目安>
A:全国的に知名度の高い超有名スポット
B:地元では有名な肝試しスポット
C:まだ有名になっていない謎多きスポット

<恐怖度の目安>
A:雰囲気がヤバい。呪われそう。
B:雰囲気あるけど昼に行けば大丈夫。
C:そこまで怖くない。

アクセス情報

明野劇場
茨城県筑西市

どんな心霊スポットなの?

  • ストリップ劇場として営業していたが、経営難により閉鎖。
  • 火災の後が色濃く残っており、建物のほとんどは黒く焦げている。
  • 意味深な「赤い糸」が廃墟内の至る所に落ちている。

明野劇場における最大の謎として語られている「赤い糸」

明野劇場は、昭和40年代に開館されたストリップ劇場である。建物の入り口は草木が生い茂っており、多数の不法投棄が確認できる。それらをかき分けて進んだ先に突如現れる大きな廃墟、それが明野劇場である。建物は2階構造になっており、1階にはメインステージが存在する。客席も確認することができ、朽ちてはいるものの当時の面影が色濃く残っている。

平成6年(1994年)に経営難により閉館。その翌年には建物が火災で全焼しており、建物内の大部分が黒く焦げている。心霊現象の噂は少なく、単に廃墟となった可能性が高いが、明野劇場における最大の謎として語られているのが「赤い糸」である。

2階は音響や照明を操作する部屋となっており、主に従業員が使用していたことが想像できるが、その部屋の中からは、なぜか大量の赤い糸が見つかっている。他の部屋においても所々に短い赤い糸が落ちており、一度気がつくと至る所に糸が落ちていることに気がつく。極め付きは1階にある建物入り口のドアに存在する大量の赤い糸である。壊され、倒されたドアの裏には一面赤い糸が貼り付いており、見た者を恐怖のどん底に突き落とす。

一体この赤い糸がどういう意味を持つのか。何か儀式のようなことが行われていたのか、それともただの悪戯なのか、真相は不明だがかなり不気味であることは間違いない。

なお、劇場を出てさらに奥へ進むと、従業員用の宿舎なのか、VIP客用なのかは分からないが、いくつかの小さな廃墟が並んでいる。

噂されている心霊現象

  • 2階から怪奇音が聞こえる。
  • なかったはずの場所に赤い糸が落ちていることがある。
絶叫!廃ストリップ劇場で肝試し…恐怖の発見物で現場騒然!

参考サイト

※当サイトでは、心霊スポットの探索や肝試しを一切推奨しているものではありません。探索や肝試しは自己責任であり、トラブル等の全ての責任は一切負いかねます。また、建物は所有者によって管理されており、無断での侵入や物品の持ち出しは法律で禁じられています。 近隣住民の方々に迷惑となる行為は慎まれるようお願い致します。

ゾゾゾでは心霊写真・心霊映像を募集しています。

ゾゾゾサブチャンネル「家賃の安い部屋」

心霊写真・心霊映像を持っていませんか?番組内で取り上げても良いよと言う方は、TwitterのDM、当サイトに掲載されているアドレスまで下記の情報をご記入の上投稿をお待ちしております。
[※]返信は内容を精査後、一部の方へのみお返しします。
[※]ご自身・あるいはご友人・ご家族が撮られたオリジナルの写真・動画に限ります。

  • お写真・動画を添付(URLでも可)
  • ニックネーム(番組内で使用します)
  • お住いの都道府県(番組内で使用します)
  • どこに不可解なものが写っているか教えてください
  • 投稿したい写真・映像について、撮影した時の状況を教えてください
  • 何かよくない事が起きましたか?
  • その他相談や長尾にメッセージなど

番組に採用された場合、ゾゾゾよりオリジナルゾゾゾステッカーをプレゼント!ご応募お待ちしております。

ゾゾゾのTwitterからDMでも受付中
当サイトでも投稿を募集しています

ホラーエンタテイメントリリース情報


2019/11/27 [DVD]ほんとにあった!呪いのビデオ85
人気シリーズ「ほんとにあった!呪いのビデオ」の第85弾。全国の“ほん呪”フリークから熱い支持を集める心霊ドキュメンタリーの金字塔。一般ユーザーの反響も交え、全国から続々と寄せられている新規投稿映像を収録。