【シリーズ・心霊スポット】力丸ダムにある謎の建造物

【シリーズ・心霊スポット】力丸ダムにある謎の建造物

  • 福岡県
  • ダム

このダムでは、かつて女性の遺体が見つかっており殺人事件も起きている。近くにある雑木林には謎の建造物が存在しており、曰くの多い恐怖スポットとして知られている。

知名度C
恐怖度B
ゾゾゾポイント4.5

<認知度の目安>
A:全国的に知名度の高い超有名スポット
B:地元では有名な肝試しスポット
C:まだ有名になっていない謎多きスポット

<恐怖度の目安>
A:雰囲気がヤバい。呪われそう。
B:雰囲気がある。それなりに怖い。
C:そこまで怖くない。

アクセス情報

力丸ダムにある謎の建造物
福岡県宮若市

どんな心霊スポットなの?

  • ダム近くの雑木林に用途不明の謎の建造物がある。
  • 雑木林ではかつて女性の遺体が発見され、別件で殺人事件も起きている。
  • 女性の霊が出るという噂もあり、犬鳴峠を凌ぐ恐怖スポットとして知られている。

用途不明!?雑木林に隠れた巨大建造物

福岡県の心霊スポットといえば犬鳴峠が有名であるが、近くにある力丸ダムも地元では有名な恐怖スポットとして知られている。1979年、近くの雑木林から全裸で放置された女性の遺体が発見されており、また同年には別件で殺人事件も起きているという。

雑木林に向かうには、力丸ダムを横切る一本の歩道を渡る必要がある。歩道の先は一面木々で覆われており歩道はない。この雑木林の先に謎の建造物が存在しているわけだが、建造物にたどり着くまでには、かなり険しい急斜面を突破する必要がある。

道無き道を20分ほど進むと現れる謎の巨大建造物。縦は約3m、横は10m程のコンクリート建造物で、形から推測するに土砂をせき止めるためのモノではないかと思うが、それを確認するためのものが一切ないため、使用用途は不明のままとなっている。

この場所における恐怖は心霊現象とは別のものである。言うまでもなくこの建造物は雑木林に囲まれており、急斜面の中に建っている。重機が通れるような道はなく、人が進むための道も存在していない。「一体いつ、どうやって建てたのか…」という気持ち悪さがつきまとう建物といえる。そして帰りは急斜面を降らなければならない。怪我という意味での身の危険がさらなる恐怖に陥れるだろう。

噂されている心霊現象

  • 女性の霊が目撃される。
犬鳴峠スペシャル

参考サイト

※当サイトでは、心霊スポットの探索や肝試しを一切推奨しているものではありません。探索や肝試しは自己責任であり、トラブル等の全ての責任は一切負いかねます。また、建物は所有者によって管理されており、無断での侵入や物品の持ち出しは法律で禁じられています。 近隣住民の方々に迷惑となる行為は慎まれるようお願い致します。

書籍情報

読むゾゾゾ
四六判 巻頭カラー8ページ+1C256ページ
価格1200円(税抜き)
2020年7月21日発売
ワニブックス
Amazon限定【ゾゾゾ オリジナルA6クリアファイル】特典付き! 数に限りがございますのでお早めにご注文ください。
Amazonでみる

最恐心霊スポット〜ゾゾゾが体験した禁断の恐怖〜
A5版 オールカラー128ページ
価格1100円(税抜き)
2020年7月21日発売
日本文芸社
Amazonでみる

ゾゾゾでは心霊写真・心霊映像を募集しています。

ゾゾゾサブチャンネル「家賃の安い部屋」

心霊写真・心霊映像を持っていませんか?番組内で取り上げても良いよと言う方は、TwitterのDM、当サイトに掲載されているアドレスまで下記の情報をご記入の上投稿をお待ちしております。
[※]返信は内容を精査後、一部の方へのみお返しします。
[※]ご自身・あるいはご友人・ご家族が撮られたオリジナルの写真・動画に限ります。

  • お写真・動画を添付(URLでも可)
  • ニックネーム(番組内で使用します)
  • お住いの都道府県(番組内で使用します)
  • どこに不可解なものが写っているか教えてください
  • 投稿したい写真・映像について、撮影した時の状況を教えてください
  • 何かよくない事が起きましたか?
  • その他相談や長尾にメッセージなど

番組に採用された場合、ゾゾゾよりオリジナルゾゾゾステッカーをプレゼント!ご応募お待ちしております。

ゾゾゾのTwitterからDMでも受付中
当サイトでも投稿を募集しています

ホラーエンタテイメントリリース情報


2020/10/02 [DVD]呪いの黙示録 第二章
『監視カメラ』『ほんとうにあった呪いのビデオ! ! 』の寺内康太郎が、より深く心霊世界に足を踏み入れる危険を冒してもやりたかった『呪いの黙示録』、数々の心霊作品シリーズのヒットを生み出してきたアムモ98がプロデュースすることで新たな領域に踏み出した第二弾。