頭脳明晰で容姿端麗な凶悪殺人鬼…テッド・バンディ– 本当にあった閲覧注意

頭脳明晰で容姿端麗な凶悪殺人鬼…テッド・バンディ– 本当にあった閲覧注意

ホラーエンタテイメントリリース情報


2019/08/03 [DVD]ほんとにあった!呪いのビデオ 83
一般投稿による心霊映像を集めた人気シリーズ「ほんとにあった!呪いのビデオ」の第83弾。全国の“ほん呪”フリークから熱い支持を集める心霊ドキュメンタリーの金字塔。一般ユーザーの反響も交え、全国から続々と寄せられている新規投稿映像を収録。(「キネマ旬報社」データベースより)

頭脳明晰で容姿端麗な凶悪殺人鬼…テッド・バンディ– 本当にあった閲覧注意

頭脳明晰で容姿端麗な凶悪殺人鬼…テッド・バンディ– 本当にあった閲覧注意
The myth of Ted Bundy as a charming guy – The Outline

かつてアメリカには30名以上の女性に暴行を加えた上、殺害したという凶悪殺人鬼が実在した…シリアルキラー(連続殺人犯)の元祖と言われたその男の正体とは…。

どんな事件だったの?

  • 連続殺人の犯人はセオドア・ロバート・バンディという男。
  • 分かっているだけでも30名以上の女性を殺害している。
  • 異常な性癖を持ち、殺害した女性を屍姦していたとも言われている。

ケガを装い忍び寄る魔の手…セックスキラーの正体

セオドア・ロバート・バンディ…通称「テッド・バンディ」と言われたこの男は、ハンサムでスマート、多くの女性を虜にするカリスマ性があった。1974年~1978年にかけて、彼は少なくとも30名以上の女性を殺害しているが、実際の被害者は優にこれを上回っているといわれている。

彼はケガ人や障害者のふりをして女性に近づき、予定の場所(車など)まで連れていくと、バール等の金属で暴行。強姦の上殺害を繰り返していた。警察官のふりをして近づいていたこともあったという。彼は女性を殺害した場所に戻っては”屍姦”していたという異常性を持っていた。体が完全に朽ちたり、野生動物に食べられて屍姦ができなくなるまで、腐敗の進む死体を身づくろいし、何時間もかけて性交を行っていたほか、殺害した女性のうち少なくも12人の首を斬り落とし、“記念品”として自宅アパートで保管していたといわれている。

裁判にかけられた彼は、自らの弁護を自身で行っていた。非常にIQが高く、心理学や法律にも精通していたからである。彼の甘いマスクも相まったのか、その姿に数多くの女性ファンも見受けられたという。その一方、自身の欲求が抑えられなかったのか、バンディは数度の脱獄をしており、脱獄の間にも何名もの女性を殺害している。

1980年に3度目の死刑判決を受けた彼は「陪審にお前らは間違っていると言ってやれ!」と叫んだ。死刑だけは免れたかったバンディであるが、ついに1989年、彼の死刑は執行された。電気椅子であった。

頭脳明晰で容姿端麗な凶悪殺人鬼…テッド・バンディ– 本当にあった閲覧注意
Ted Bundy’s VW, artifacts on display at Pigeon Forge’s Alcatraz East museum – Knoxville News Sentinel

彼を殺人鬼へを変えた一人の女性

バンディは学生時代、2つの悪癖を持っていた。一つは覗き癖である。夜な夜な自宅を抜け出しては、女子寮を覗き、着替えなどを見ては自慰行為にふけっていた。もう一つは盗み癖。高価な品を躊躇せず盗み出していたという。これらは確かに悪い癖ではあるが、殺人を犯すまでの異常性があるとは思えない。

彼の人生を変えたひとつのキッカケとして語られているエピソードがある。それはテッドが大学生の頃に出会い、交際した一人の女性である。のちにバンディの弟は「兄をおかしくしたのは、ステファニー・ブルックスに出会ってからだ。あの女にさえ会わなければ、兄は殺人鬼にならなかったかもしれない。」と語っている。

バンディはブルックスに一目ぼれし夢中になった。彼女は美しく、裕福な家庭で社会的地位もあった。バンディは猛アタックの末、ついに彼女と交際するまでに至ったが、すぐに捨てられてしまう。一説ではブルックスには何人ものボーイフレンドがおり、バンディはその中の一人だったという。あっさりと捨てられたバンディはショックのあまり大学を中退。復讐を決意するのであった。

ただし復讐といっても犯罪を犯したのではない。彼は外見を磨き、勉学に励み、誰もが認める「デキる男」を目指したのである。数年後、バンディは彼女と再会を果たす。劇的に変貌を遂げた彼に、今度はブルックスが夢中になった。再び交際し婚約した二人であるが、バンディはすぐに彼女と別れる。今度はバンディが彼女を捨てたのだ。

なぜこのエピソードが殺人のキッカケと言われるようになったのか。実は、バンディが殺害した女性たちには特徴がある。それは犠牲者のほとんどが、ストレートの髪を真ん中で分けていたからである。これは、まさにブルックスの髪型そのものであった。つまり、自分がかつて受けた屈辱が敵意に変わり、その敵意がその後続く凶行の引き金になったということである。彼はブルックスの容姿を基準に、被害女性を選んでいたのかもしれない。

いかがだったろうか。女性への異常なこだわり、止めることができない殺人衝動…。たった一人の男の欲求のために、何の罪もない人達が殺されてしまうという不条理…。このような事件が二度と起こらないことを願ってやまない。

ゾゾゾでは心霊写真・心霊映像を募集しています。

ゾゾゾサブチャンネル「家賃の安い部屋」

心霊写真・心霊映像を持っていませんか?番組内で取り上げても良いよと言う方は、TwitterのDM、当サイトに掲載されているアドレスまで下記の情報をご記入の上投稿をお待ちしております。
[※]返信は内容を精査後、一部の方へのみお返しします。
[※]ご自身・あるいはご友人・ご家族が撮られたオリジナルの写真・動画に限ります。

  • お写真・動画を添付(URLでも可)
  • ニックネーム(番組内で使用します)
  • お住いの都道府県(番組内で使用します)
  • どこに不可解なものが写っているか教えてください
  • 投稿したい写真・映像について、撮影した時の状況を教えてください
  • 何かよくない事が起きましたか?
  • その他相談や長尾にメッセージなど

番組に採用された場合、ゾゾゾよりオリジナルゾゾゾステッカーをプレゼント!ご応募お待ちしております。

ゾゾゾのTwitterからDMでも受付中
当サイトでも投稿を募集しています