【シリーズ・都市伝説】あなたをお迎えに「黄色い救急車」

【シリーズ・都市伝説】あなたをお迎えに「黄色い救急車」

黄色い救急車」…それは突然やってくる。あなたを迎えに…。

どんな都市伝説なの?

  • 一般的に救急車は白色をしている。
  • 精神異常者のところには、黄色い救急車がやってくるという。
  • 通報者には報奨金も支払われるらしい。

イエロー・ピーポーは突然に…「黄色い救急車」

黄色い救急車とは、「精神異常者を精神科病院に連れていく」 という都市伝説である。黄色の塗装をした救急車のことであり、イエロー・ピーポーとも呼ばれている。

内容としては「一般的には白い救急車が来るところだが、精神異常者には“黄色い救急車”が来て、病院に連れて行かれる」というものである。

地域によっては、“救急車”の色は緑色であることも黄色についで多く、この場合「グリーン・ピーポー」と言っているという。場合によっては青色であったり、紫色であったりする。また、“黄色い救急車”を呼ぶ為、関係機関に「通報した者は報奨金が貰える」という話が付け加わることもある。

精神科医の風野春樹氏は、実際の話であると指摘している。風野氏の調査に対して、「“救急車”から屈強な男が現れておかしな人を連れ去ることを、本当だと思っていた」と寄せられたという。

2008年(平成20年)に、精神科を受診したこともないのに家に男が押し入り精神科病院に拉致され、刑務所の独房のような保護室に鍵をかけ、医療保護入院扱いという出来事があった。

いくつかの小説に、“黄色い救急車”を登場している。特に1973年の小説である井上光晴の「動物墓地」では、時々ケロリとして嘘をつくお手伝いさんが、精神病院へ患者を運ぶ救急車が黄色であることを教えてくれたという話がある。2004年の桜庭一樹の「推定少女」では、山の麓にある精神病院からは“黄色い救急車”が降りてきて、連れていかれるとどこも悪くないのに出てこられない、という描写もある。

救急車が登場したのは1931年(昭和6年)10月、横浜市においてであり、法令化され119番で呼べるようになったのは1963年(昭和38年)である。そもそも、救急車の色は法令(道路運送車両の保安基準)で、白色と規定されている。

“黄色い救急車”に関する調査を行なった風野春樹氏をはじめ、多くの精神科医が、「黄色の救急車で患者が搬送されるところは見たことが無い」 と証言している。

民間の患者搬送車で緊急走行は出来ないので、仮に搬送車の塗色を黄色とする業者があったとしても「救急車」という点に矛盾が生じる。

洒落にならない怖い話「黄色い救急車」の都市伝説

参考サイト

黄色い救急車…。精神科の医師は実在しないと証言しているが、様々な地域で語られている。精神異常者に対しての偏見や、隠蔽したい親族等の発言が発端なのかもしれない。私の家にも来てしまうだろうか…。

書籍情報

読むゾゾゾ
四六判 巻頭カラー8ページ+1C256ページ
価格1200円(税抜き)
2020年7月21日発売
ワニブックス
Amazon限定【ゾゾゾ オリジナルA6クリアファイル】特典付き! 数に限りがございますのでお早めにご注文ください。
Amazonでみる

最恐心霊スポット〜ゾゾゾが体験した禁断の恐怖〜
A5版 オールカラー128ページ
価格1100円(税抜き)
2020年7月21日発売
日本文芸社
Amazonでみる

ゾゾゾでは心霊写真・心霊映像を募集しています。

ゾゾゾサブチャンネル「家賃の安い部屋」

心霊写真・心霊映像を持っていませんか?番組内で取り上げても良いよと言う方は、TwitterのDM、当サイトに掲載されているアドレスまで下記の情報をご記入の上投稿をお待ちしております。
[※]返信は内容を精査後、一部の方へのみお返しします。
[※]ご自身・あるいはご友人・ご家族が撮られたオリジナルの写真・動画に限ります。

  • お写真・動画を添付(URLでも可)
  • ニックネーム(番組内で使用します)
  • お住いの都道府県(番組内で使用します)
  • どこに不可解なものが写っているか教えてください
  • 投稿したい写真・映像について、撮影した時の状況を教えてください
  • 何かよくない事が起きましたか?
  • その他相談や長尾にメッセージなど

番組に採用された場合、ゾゾゾよりオリジナルゾゾゾステッカーをプレゼント!ご応募お待ちしております。

ゾゾゾのTwitterからDMでも受付中
当サイトでも投稿を募集しています

ホラーエンタテイメントリリース情報


2020/10/02 [DVD]呪いの黙示録 第二章
『監視カメラ』『ほんとうにあった呪いのビデオ! ! 』の寺内康太郎が、より深く心霊世界に足を踏み入れる危険を冒してもやりたかった『呪いの黙示録』、数々の心霊作品シリーズのヒットを生み出してきたアムモ98がプロデュースすることで新たな領域に踏み出した第二弾。